平成29年度 宝石学会(日本)総会・講演会

平成29総会・一般講演会は,早稲田大学国際会議場で6月11日に開催されました.


 前日の6月10日には,早稲田大学教育学部地球科学教室の鉱物標本室を見学し,同大の院生が発見した新鉱物の丸山電気石(Maruyamaite)(図-1)や愛媛県市ノ川産輝安鉱(Stibnite)(図-2)などを見学した.参加者54名.

 その後,真珠をテーマとした特別講演「真珠の品質要素であるテリの物理・化学的論究及び測定法の試み」・「『宝石』の王者としての真珠の歴史-真珠がダイヤモンドより高価だった時代」を開催し,講師は真珠科学研究所の小松博氏と歴史研究者の山田篤美氏(図-3)らによりそれぞれ講演された.参加者57名.特別講演の要旨についてはJ-stage( http://www.jstage.jst.go.jp/browse/gsj/-char/ja/ )を参照にされたい.



図ー1 微小ダイヤモンドを含む丸山電気石(赤色破線内)

図ー2 愛媛県市ノ川産輝安鉱

図ー3 特別講演中の講師の山田氏(右)と司会の神田会長(左)

 6月11日は,早稲田大学国際会議場(図-4)で総会・一般講演を開催した.参加者73名.一般講演の要旨についてはJ-stage( http://www.jstage.jst.go.jp/browse/gsj/-char/ja/ )を参照にされたい.講演終了後は早大正門前の眺めのよい15階で懇親会を開催した(図-5).参加者53名.



図ー4 総会・一般講演会の会場となった早稲田大学国際会議場

図ー5 眺めがよい懇親会場(挨拶中の山崎会員)

最新記事

すべて表示

2020(令和2)年度  宝石学会(日本)総会・講演会・見学会(開催地:糸魚川)中止のお知らせ

平素は当学会の活動に格別のご高配を賜り,厚くお礼申しあげます. コロナショックのなか,皆様いかがお過ごしでしょうか. 健康面でも経済面でもその脅威にはおびえるばかりです. さて,6月に糸魚川で予定しています恒例の講演会・総会・見学会の件ですが,中止させていただきます. 新型コロナウィルスの蔓延について早期の収束は期待できず,6月にはまだ安心して集会を行うことはできないだろう,という判断です. 今年

平成30年度 宝石学会(日本)総会・講演会の終了

平成30年度 総会・一般講演会は 富山大学 理学部(多目的ホール)で6月9日に開催されました 参加者60名. 講演会後の懇親会は47名が参加されました. 翌日の6月10日には,立山カルデラ砂防博物館,魚津埋没林博物館及びルビカ工業(株)を見学しました.参加者41名. 今回の特別講演は,「富山の鉱物」と題して富山で産する鉱物を,富山大学都市デザイン学部地球システム科学科の清水正明氏が紹介し,かつての

平成30年度 宝石学会(日本)総会・講演会

平成30年度 総会・講演会のお知らせ(Ver.5) 平成30年度宝石学会(日本)総会・講演会及び見学会を下記のとおり開催いたします.参加ご希望の方は,本ホームページ左上にある「総会・講演会・見学会申込」から5月21日(月)迄に入力し,期日までに所定の費用をお振り込みください.皆様のご参加をお待ちしております. 記 【総会・講演会】 ・日 時:平成30年6月9日(土)9時30分~17時00分 ・講演

宝石学会(日本)

東京事務局 Tokyo Office
〒110-0005 東京都台東区上野 3-20-8 小島ビル
FAX.+81-(0)3-3834-7057
郵便振替口座番号:00160-0-193033
e-mail: hosekigakkai.nippon@gmail.com

© 2019 The Gemmological Society of Japan / Founded in 1974