シンポジウムの資料配布について

宝石学会(日本) シンポジウムの資料配布について


12月3日(木)に開催されたシンポジウム(テーマ:合成ダイヤモンド~単結晶の合成技術とその特徴~)で講演された、「気相合成ダイヤモンド」(講師:鹿田真一(関西学院大学、元産業技術総合研究所))の講演資料が、講師の方のご好意で会員及びシンポジウム参加者(申込者を含む)の希望者には配付することになりました。ご希望の方は、下記のメールアドレスあるいはファックスにてお申込みください。

 

・メールアドレス:hosekigakkai.nippon@gmail.com

・東京事務局のファックス: 03-3834-7057

最新記事

すべて表示

シンポジウム(特別講演)(開催地:大阪)のお知らせ(Ver.3)

シンポジウム(特別講演)(開催地:大阪)のお知らせ(Ver.3) 合成ダイヤモンドは宝石分野にでもますます注目が集まっています.このような状況で,宝石 ダイヤモンドの現状を確認するとともに,合成研究に長年第一線で活躍し てきた国際級の研究者に,ダイヤモンド合成技術とその性質の紹 介していただき,合成ダイヤモンドについての理解を深めたいと思います. そのためのシンポジウムを下記の要領にて開催します.

シンポジムの開催

宝石学会(日本)シンポジウム テーマ:『中国の最新宝石事情』 ―特に中国製合成ダイヤモンドの製造・流通・鑑別について― 講演者 Dr. Lu Taijin (陸太進 博士) 【趣 旨】 宝石質の高圧合成ダイヤモンドの生産が急増していることや経済成長などにより、中国の宝石業界は急速に発展し、わが国にも少なからず影響を与えている。その中国の現状を知るため、宝石の生産、鑑別などについて、Lu Taiji

宝石学会(日本)シンポジウム開催のお知らせ

宝石学会(日本)のシンポジウムを下記の要領にて開催いたします。 記 【テーマ】 中国におけるダイヤモンドの高圧合成 【趣 旨】 最近、メレサイズの高圧合成ダイヤモンドが宝飾品に混入するようになってきて、その鑑別が問題になっています。現在、中国では多量のダイヤモンドが合成されていることから、中国でのダイヤモンドの高圧合成の現状と今後について、中国のダイヤモンド合成研究者に講演してもらいます。 【日 

宝石学会(日本)

東京事務局 Tokyo Office
〒110-0005 東京都台東区上野 3-20-8 小島ビル
FAX.+81-(0)3-3834-7057
郵便振替口座番号:00160-0-193033
e-mail: hosekigakkai.nippon@gmail.com

© 2019 The Gemmological Society of Japan / Founded in 1974